10代、20代なのに顔のたるみが…原因は一体何?

10代、20代と言えば肌がつやつやとし、ハリも十分にある年代です。アンチエイジングという言葉とは無縁に思われる世代ですが、顔のたるみが気になる人が増えているようです。

実際、10代、20代の顔のたるみは老化が原因ではなく、「スマホたるみ」という言葉があるように、スマホが原因です。

スマホを使っている時、どんな姿勢になっているか意識したことがあるでしょうか。

多くの人はスマホを使用している時は、首が前に傾き、座っている場合は背中も丸くなっています。

首が前に傾くと、顔の下の部分に負担がかかり、全体的に皮膚が下に引っ張られて垂れ下がったような状態になります。
このような状態が長く続けば、顔のたるみにつながることは明らかです。

また、スマホを触ったり見たりしている間は、顔の筋肉が動いていないので、顔の筋肉が凝り固まり、肌の弾力やツヤが失われる原因となります。さらに、目にも負担がかかるので、目元を乾燥させ、たるみを引き起こします。

ですので、対策としては、スマホを使っている時に、時々自分の体に意識を向けることです。

姿勢が悪くなっていないか、顔が凝り固まっていないかなどをチェックすることで、顔のたるみにつながる要因を改善することができます。

また、オイルやクリームを塗り顔をマッサージすると、すでにたるんでしまった肌にも効果があるでしょう。

顔のたるみを加速させる悪因は…いますぐ辞めるべき習慣ランキング

顔のたるみの原因は様々ありますが、日常生活での何気ない習慣も悪因となっています。症状を進行させないためにも、悪因となる習慣を改善するようにしましょう。

まず、何気なくやってしまいがちな、頬杖をつくという行動は、顔のたるみを加速させる原因になります。

顎や頬の部分に、手の平で強く圧迫させた状態になりますので、皮膚へ負担がかかります。

手の平がついた部分の皮膚が伸ばされるようになり、たるみの症状が強くあらわれる恐れがあります。食事をするときに、片側ばかりで噛む習慣を続けていると、口の周囲に歪みが生じ、それとともにたるみの症状があらわれます。口の近くにあるほうれい線にも悪影響を及ぼしますので、顔のたるみに加えてほうれい線がくっきりとあらわれ、老け顔を作り出す結果になります。

横向きの状態で長く寝ることも、下になった頬の部分に頭の重さによる負荷がかかりますので、改善するようにしましょう。シワが寄ったり、骨格の歪みから、たるみのきっかけを作り出します。

顔のたるみってどうして起こるの?

顔のたるみってどうして起こるのかというと、その一つにはお肌の弾力が低下しているサインでもあります。

お肌は真皮層の成分によって、若々しいハリや弾力を維持しています。真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が存在しますが、こうした構造を十分に満たしていなければ、顔のたるみは出てきます。

年齢を重ねることで、真皮層のエラスチンやコラーゲンは減少して、肌にはハリも潤いもなくなっていきますから、たるみは出来やすくなります。日常的に紫外線は浴びやすいですが、この紫外線も大きな肌ダメージになります。

真皮層にまでUVAなどは届きますから、紫外線に対しては日頃からの対策が必要となります。繊維芽細胞にダメージを与えてしまいますから、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの生成を邪魔することになります。

分解させるための酵素がたくさん分泌されることになるため、お肌の弾力もだんだんと失われていくことになります。