たるみ治療法「イントラジェン」と「フォトフェイシャル」の違い

特殊な光を照射する治療方法

美肌になりたい美容医療を利用する目的は人それぞれ違いがありますが、
肌のたるみやシワを改善するたるみ治療を目的に訪れる人
も多くなっています。

たるみ治療はリフトアップ手術も効果的ですが、ダウン
タイムが長いことや急激な変化があるというデメリットもあります。

最近はより体に負担の少ない治療の人気が高まっており、
フォトフェイシャルもそのひとつです。

これは特殊な光を顔に照射して悩みを解消していく治療方法です。

レーザー治療と似たイメージがありますが、レーザー治療が部分的にシミやニキビに
照射するのに対して、フォトフェイシャルは顔全体に照射できます。

フォトフェイシャルではIPLと呼ばれる光が使われており、
痛みも少なく麻酔も不要で行うことができます。

肌に軽いダメージを与えることでコラーゲンの生成を促進させ、たるみ解消にも役立ちます。
たるみはもちろん、ニキビやシミなど様々な肌の悩みに対応できることも人気の理由です。

RFを利用した治療方法

施術たるみ治療も新しい施術が続々と登場していますが、イントラジェンも
話題の治療方法です。

これはRF・高周波を利用した切らないたるみ治療となっており、
コラーゲンの生成を促進してたるみ解消を目指します。

RFを利用した治療ではサーマクールが良く知られていますが、
イントラジェンはサーマクールの後発品で、冷却機能とバイブ
レーションをカットしたことでより安価で利用できるように
なっています。

熱エネルギーが格子状に照射できることで、照射面積を小さくし
皮膚へのダメージや痛みを抑えています。

それでいて、真皮にしっかりと熱エネルギーを伝えられることも
特徴的です。

しわやたるみの改善に役立つことはもちろん、ニキビ跡や小じわ、
毛穴など様々な肌の悩みに対応できることでも人気が高まっています。

特に麻酔なしでも治療を受けることができ、ダウンタイムも短く
抑えられている治療です。

施術直後にもメイク可能など肌への負担も抑えられています。