顔のたるみを取り除くレーザーフェイスリフト

目元のハリ感が奪われまぶたが重く垂れさがりマスカラを根元から塗ったりアイラインをはみ出さずに引いたりするのが難しくなる、毛穴が縦に伸びて楕円形に開いてしまいベースメイク後は必ず毛穴落ちする、口元にはほうれい線が刻まれフェイスラインのシャープさが無くなり顔の下半分が全体的に緩んでいるなど、顔のたるみにまつわる深刻な悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

顔のたるみは老け顔の原因になるエイジングサインの一つで、メイクでは隠せないというのが厄介な部分です。

皮膚の働きが衰える

ラジオ波やEMSの機能を有した美顔器で引き締めたり、美容サプリメントでエラスチンやコラーゲンをチャージしたりなど、顔のたるみを取り除くための対策はいくつかありますが、結果と効果にこだわりたいならdrsato02.com/shiwa/のレーザーフェイスリフトを受けてみてはいかがでしょう。

drsato02.com/shiwa/には老化を防ぐアンチエイジングメニューが豊富に揃っていますが、その中でもとくに人気なのが、肌の深層部にアプローチして強力なパワーでたるみを引き締めて皮膚を持ち上げるレーザーフェイスリフトです。

照射するだけの肌に負担がかからない治療ですが、外科手術並みのリフトアップ効果を実感できます。

アラフォーが避けられない顔のたるみが生じる仕組み

紫外線の影響で濃くなった老人性色素斑や乾燥に伴うくすみや顔全体に刻まれる小じわなど、アラフォーが避けられない深刻な肌悩みは数え切れないほどありますが、顔のたるみもその最たるものです。

顔のたるみにつながる要因としては、紫外線ダメージやコラーゲンの減少や表情筋の衰えやホルモン環境の変化などがあります。

外的なダメージを受けたりコラーゲン不足に陥ったりすると、肌がもともと持っているバリア機能が低下してターンオーバーが不活発になって皮膚細胞の再生が遅れます。

表情筋が衰えると筋肉が皮膚と脂肪を支えられなくなり、重力に勝てない顔になってしまいます。

たるみを隠したい

いくつかの要因が複雑に混ざり合い、厄介な顔のたるみにつながるという仕組みです。
ホルモンバランスも大きく影響しており、女性は40歳頃からエストロゲンという卵胞ホルモンが減り始め、女性ホルモンのバランスが悪くなって肌に悪影響が及びます。

エストロゲンやコラーゲンなどの不足しがちなものをインナーケアで補うことも大事ですし、脂肪と皮膚を支えている表情筋を鍛えることもたるみ解消のための対策として有効的です。

卵胞ホルモンのエストロゲンを増やしたいなら、大豆イソフラボンやエクオールを摂取しましょう。