月: 2020年8月

顔のたるみの治療に効果的な塗り薬

顔のたるみ治療に塗り薬を用いる場合、有効成分がしっかりと
含まれているか確認する必要があります。

コラーゲンに影響を与える成分は顔のたるみを取り除き
治療するときには重要で、コエンザイムQ10やビタミンC誘導体が
コラーゲンの保護に役立ちます。

塗り薬

肌を支えている真皮層の多くはコラーゲンが占めていて、
失われてしまうと大きな影響がでてきます。

コラーゲンとともに真皮層で重要な役割を果たしているのがエラスチンで、
肌の弾力の一端をになっている成分です。

コラーゲンの繊維間にある物質で、エラスチンの生成を促す成分は
エルゴチオネインやピクノジェノールとなっています。たるみ治療にもいろいろあります。

真皮層はヒアルロン酸も重要な働きをしていて、コラーゲンやエラスチンのサポート的な
役割がある成分で、ヒアルフィクスやCyPAが生成を促進させます。

皮膚科で処方される塗り薬にはヘパリン類似物質が含まれているものがあって、
顔のたるみ治療よりも皮脂欠乏症やケロイド、血行障害に基づく疼痛と
炎症性疾患等皮膚の様々な疾患に対して用いられているものですが、
高い保湿作用や血行促進作用、抗炎症作用があることから顔のたるみ治療にも
有効性があります。

肌のターンオーバーを正常に近づけ、角質層が潤うことなどが重要で
アンチエイジングに有効性があります。

処方箋をもらわないと買えないため、乾燥肌などを理由に皮膚科を受診して
ヘパリン類似物質が含まれている塗り薬を使いたいと相談するか、
ネットで処方箋が必要ない海外医薬品を購入して用いる方法もありますが、
海外製品は使用に慎重になる必要性があります。

こういった薬を試してみても効果がみられない場合は、
優良な皮膚科に相談しにいくのがベストです。

個人個人に合った解消法がありますので、専門の医師に
見立ててもらうことで、顔のたるみの解消の近道が見つかります。

優秀な専門医

悩むことに時間をかけず、まずは行動してみると良いでしょう。