カテゴリー: たるみ治療

マスクの習慣が顔のたるみを作るって本当?

新型コロナウィルスの蔓延によって、マスクを付けることが多くなりました。

人と会う機会が少なくなり、おしゃべりをしたり笑うことが減ってしまうため自然と無表情になりがちですが、このマスクの習慣が顔のたるみを作ってしまうことをご存知でしょうか。

全身の筋肉は大小合わせるとおよそ600個近くあると言われていますが、腕や足の大きな筋肉に比べて顔には小さな筋肉が集まっており、笑うことや話すことなどで動かしています。

たるみ予防のポイント

夏場で薄着をしていると自然と体も引き締まりすらっとして見えますが、寒くなって上にコートなどを着て体のラインが見えなくなってしまうと筋肉が緩んでしまうように、顔もマスクをしてしまうと自然と口元が緩んでしまいます。

表情筋の7割近くは口が起点となっているため、口元が緩むとその全ての筋肉もたるみ始めてしまい、頬やアゴ、首の筋肉までもが緩みほうれい線や二重アゴ、シワなどが目立つようになります。

鏡に映る自分の頬やアゴ周辺の顔のたるみに動揺して仕事が手に付かない、などということがないように、マスクをしていても顔のたるみを防ぐため意識して顔周りの筋力の低下を防ぎ表情筋を鍛えるようにすることが大切です。

顔のたるみは顔ヨガで解消

顔のたるみを防ぐには「顔ヨガ」が効果的です。
マスクの習慣で普段あまり使わなくなってしまった顔全体の筋肉も、意識して動かすことが血行が改善するためたるみがなくなりハリが出て、しわなどの改善に繋がります。

顔のたるみやむくみを解消するヨガには「しゅわー」と言葉を発する「しゅわーの顔」があります。

その方法は、鼻から大きく息をすってから「しゅー」と口から息を吐き、顔の全てのパーツをぎゅっと顔の中心に寄せるように動かします。
その際には口を広げないように、しっかりと左右の広角を寄せるようにすることがポイントです。

次に、「わー」と息を吐きながら目と口をできるだけ大きく広げますが、このときに縮めた筋肉を一気に開放するようにしましょう。
マスクをしたままでもできる顔ヨガの方法は、口を閉じたまま舌でほうれい線を内側から押すようにしてなぞり、続けて時計回りと反時計回りに口周りを内側からなぞるように舌を動かします。

マスクとたるみ

これを30秒ほど繰り返すことで、口周りの筋肉の動きが活発になるため顔のたるみがなくなりフェイスラインがすっきりします。

この方法であれば、通勤電車の中など人前でも他人に分からないようにできるのでおすすめです。

顔のたるみの治療に効果的な塗り薬

顔のたるみ治療に塗り薬を用いる場合、有効成分がしっかりと
含まれているか確認する必要があります。

コラーゲンに影響を与える成分は顔のたるみを取り除き
治療するときには重要で、コエンザイムQ10やビタミンC誘導体が
コラーゲンの保護に役立ちます。

塗り薬

肌を支えている真皮層の多くはコラーゲンが占めていて、
失われてしまうと大きな影響がでてきます。

コラーゲンとともに真皮層で重要な役割を果たしているのがエラスチンで、
肌の弾力の一端をになっている成分です。

コラーゲンの繊維間にある物質で、エラスチンの生成を促す成分は
エルゴチオネインやピクノジェノールとなっています。たるみ治療にもいろいろあります。

真皮層はヒアルロン酸も重要な働きをしていて、コラーゲンやエラスチンのサポート的な
役割がある成分で、ヒアルフィクスやCyPAが生成を促進させます。

皮膚科で処方される塗り薬にはヘパリン類似物質が含まれているものがあって、
顔のたるみ治療よりも皮脂欠乏症やケロイド、血行障害に基づく疼痛と
炎症性疾患等皮膚の様々な疾患に対して用いられているものですが、
高い保湿作用や血行促進作用、抗炎症作用があることから顔のたるみ治療にも
有効性があります。

肌のターンオーバーを正常に近づけ、角質層が潤うことなどが重要で
アンチエイジングに有効性があります。

処方箋をもらわないと買えないため、乾燥肌などを理由に皮膚科を受診して
ヘパリン類似物質が含まれている塗り薬を使いたいと相談するか、
ネットで処方箋が必要ない海外医薬品を購入して用いる方法もありますが、
海外製品は使用に慎重になる必要性があります。

こういった薬を試してみても効果がみられない場合は、
優良な皮膚科に相談しにいくのがベストです。

個人個人に合った解消法がありますので、専門の医師に
見立ててもらうことで、顔のたるみの解消の近道が見つかります。

優秀な専門医

悩むことに時間をかけず、まずは行動してみると良いでしょう。

再生美容のメリットについて

「再生美容」を用いたたるみ治療では、糸などの人工物や
薬品などの刺激物は一切使用せず、レーザーによって
熱を与えることもありません。

自身の身体から抽出した細胞が本来もつ自然な回復力を
促す方法であるため、仕上がりも違和感がなく自然になります。

自然な美しさ

治療自体は注射による注入のみで、切ったり熱を加えたりすることがないため
美容整形やレーザーのように失敗するリスクはほとんどありません。

また、数か月かけてゆっくりと肌を再生していくため
顔のたるみが改善された後でも長くその効果が続いてゆきます。

改善までに時間はかかりますが、確実に効果はみえてきます。
また、顔のたるみ以外にも、肌のきめが細かくなる、
肌のトーンが明るくなる、潤うなど総合的な効果が期待できます。

採取した細胞は冷凍保存することができるため、たるみ治療以外にも
気になる症状や箇所があれば、自分のすきなタイミングで注入してもらうことが出来ます。

数十年と長いスパンでみた治療ができるため、安心感があります。

また、細胞の採取には年齢制限がないため、何歳になっても
チャレンジすることが出来ます。

肌の老化現象は、細胞の質ではなく数の減少によって
引き起こされるため、年齢による効果の差はあまりありません。

再生美容のデメリットについて

顔のたるみを改善するには、肌の3大栄養素であるコラーゲン、
ヒアルロン酸、エラスチンを増やし、ハリや弾力などの機能を
改善する必要があります。

肌本来の機能を利用した治療方法であるため、たるみ治療の効果を
実感するまでには3ヶ月ほどの時間がかかります。

レーザーや美容整形のように即効性がないため、
失敗したと感じることがあるかもしれません。

また、細胞の移植には注射器を用いるため、
2-3日程度のダウンタイムがあります。

注射器を使う

日常生活に支障が出るほどではなく、化粧で隠れる程度では
ありますが、赤みや内出血、むくみなどが多少生じます。

自己細胞注入はあくまでも「治療」であるため、半年に1度の定期健診が必要です。

一般的に治療の効果は2-3年であるといわれているため、
維持するためにはあらかじめ冷凍保存しておいた細胞を
数年おきに再注入する必要があります。

さらに、この治療は保険適用外ですのですべて自費負担となります。

検査料や細胞の抽出や注入はもちろんのこと、細胞の保存にも費用がかかります。

細胞は非常にデリケートであり、24時間稼働の無菌室で
慎重に保管されております。決して安価な治療法ではありません。

究極の美肌治療と言われる最新美容医療

4Dアイリフトを使用した美肌治療が注目されており、
Aesthetic Industry Awardを受賞するほどの人気を誇っています。

強力なリフトアップを可能にする4Dアイリフトは、
見た目年齢を大幅に若くしてくれるでしょう。

見た目を変える

老化スポットを解消しても、肌質自体に問題があれば老け顔は解消しません。

Aesthetic Industry Awardを受賞した4Dアイリフトならば、
4種類のレーザーにより肌再生も促進できるのです。

複数の機能を有するレーザーを併用することで、
単体レーザーの欠点を補うことができます。

4Dアイリフトで肌を引き締めていけば、マイナス5歳も夢ではありません。

見た目より若く見られたほうが嬉しいですし、
実際にメリットを感じられる場面は多いです。

Aesthetic Industry Awardを受賞した4Dアイリフトは、
粘膜に作用することができます。

肌の深部にまでアプローチすることで、肌再生を促進させていくのです。

元気なみずみずしい肌になれば、乾燥からの耐性が強くなるでしょう。
乾燥に負けない肌を実現することが乾燥肌・たるみ対策になります。

ほうれい線やマリオネットラインなどにも働きかけることができます。

見た目年齢を大きく変えるために

たるみ治療をすることは見た目年齢を若くするために即効性があります。

シワやシミを解消させたいと考える人は多いですが、
まず大切なのはたるみ治療になります。

それほどたるみは老け顔を作り出す原因になりますので、
早めに治療を受ける必要があるわけです。

また、たるみが深くないのであれば、早期の対策によって
予防も並行できるでしょう。たるみ治療と並行したいのは
クマの改善であり、これにより透明感のあふれる肌を実現できます。

美肌を作り出すためにはバランスが重要であり、
肌にくすみが発生していると美しく見えません。

肌の弾力性は年齢によって衰えてくるので、保水力を高めることが大切になります。

保水力を高める

たるみ治療とクマの改善を行うことにより、一気に見た目年齢を
変えることが可能です。たるみ治療では肌再生がポイントとなり、
それにより老化の速度を抑えることができます。

老化が著しく進行する人もいれば、緩やかに進行する人もいるのです。

人は誰しも老化の影響を受けますが、その影響の受け方は同じではありません。

複合レーザーを使用した治療では、光による老化を抑えることができます。

ワントーン明るい肌質を実現するためにも、医療レーザー治療を活用してください。

遺伝が原因でも美容皮膚科のたるみ治療は効果がある?

毎日丁寧にお肌のたるみケアをしているのに
いまいち効果が現れない、同世代なのに自分のほうが
顔のたるみが目立つのはなぜだろうと思う人もいるでしょう。

女性なら、顔のたるみはとても気になることです。
なので、その原因を知りたいと思うのは当然です。

顔のたるみが明らかに他の人より早いと感じている人は、
実は親からの遺伝が関係しているということもあります。

このような場合、どうしようもないと思われがちですが、
美容皮膚科ではたるみ治療というものを行っています。

なので、根本的に治すことは不可能でも、この治療で少しでも
肌のたるみを改善したりすることは十分可能です。

たるみ治療と聞くと、麻酔をかけて行う外科的な手術を想像して
怖いと思う人もいるでしょう。

しかし、美容皮膚科は一般の皮膚科と同じぐらいの
イメージをもてば大丈夫です。顔のたるみの原因は、加齢や、紫外線、乾燥が主な原因

メスを一切使わない多くの方法があるので
安心して治療を受けられます。

まず、美容皮膚科を訪れた際に、遺伝の要素があるかもしれない
ということを伝えるとよいでしょう。

それによって、問診や検査の内容が変わってくるので、
ここは正直に答えておくことです。

顔のたるみ治療でよく行われるものは、「レーザー治療」と
「ラジオ波治療」です。

レーザー治療は、治療に必要なだけのレーザーをたるみ部分に
照射して、コラーゲンを増殖させ、皮膚の細胞を活性化させます。美容皮膚科へ相談

ラジオ波治療は、レーザーより強い熱エネルギーを照射して
真皮に作用させ、コラーゲンを増殖させます。

このように、美容皮膚科で受けるたるみ治療は
顔のたるみに十分効果があります。

遺伝だからとあきらめずに、まずは美容皮膚科を
訪れてみることです。

顔のたるみってどうして起こるの?

顔のたるみってどうして起こるのかというと、その一つには
お肌の弾力が低下しているサインでもあります。弾力の低下

お肌は真皮層の成分によって、若々しいハリや弾力を維持しています。
真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が
存在しますが、こうした構造を十分に満たしていなければ、
顔のたるみは出てきます。

年齢を重ねることで、真皮層のエラスチンやコラーゲンは
減少して、肌にはハリも潤いもなくなっていきますから、
たるみは出来やすくなります。

日常的に紫外線は浴びやすいですが、この紫外線も
大きな肌ダメージになります。年齢を重ねる

真皮層にまでUVAなどは届きますから、紫外線に対しては
日頃からの対策が必要となります。

繊維芽細胞にダメージを与えてしまいますから、
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの生成を
邪魔することになります。

分解させるための酵素がたくさん分泌されることになるため、
お肌の弾力もだんだんと失われていくことになります。

顔のたるみを加速させる悪因は…いますぐ辞めるべき習慣ランキング

顔のたるみの原因は様々ありますが、日常生活での
何気ない習慣も悪因となっています。

症状を進行させないためにも、悪因となる習慣を改善するようにしましょう。悪習慣

まず、何気なくやってしまいがちな、頬杖をつくという行動は、
顔のたるみを加速させる原因になります。

顎や頬の部分に、手の平で強く圧迫させた状態になりますので、
皮膚へ負担がかかります。

手の平がついた部分の皮膚が伸ばされるようになり、
たるみの症状が強くあらわれる恐れがあります。

食事をするときに、片側ばかりで噛む習慣を続けていると、
口の周囲に歪みが生じ、それとともにたるみの症状があらわれます。

口の近くにあるほうれい線にも悪影響を及ぼしますので、
顔のたるみに加えてほうれい線がくっきりとあらわれ、
老け顔を作り出す結果になります。

横向きの状態で長く寝ることも、下になった頬の部分に
頭の重さによる負荷がかかりますので、改善するようにしましょう。質の良い睡眠

シワが寄ったり、骨格の歪みから、たるみのきっかけを作り出します。

10代、20代なのに顔のたるみが…原因は一体何?

10代、20代と言えば肌がつやつやとし、ハリも十分にある年代です。
アンチエイジングという言葉とは無縁に思われる世代ですが、
顔のたるみが気になる人が増えているようです。

実際、10代、20代の顔のたるみは老化が原因ではなく、
「スマホたるみ」という言葉があるように、スマホが原因です。

スマホを使っている時、どんな姿勢になっているか
意識したことがあるでしょうか。スマホたるみ

多くの人はスマホを使用している時は、首が前に傾き、
座っている場合は背中も丸くなっています。

首が前に傾くと、顔の下の部分に負担がかかり、全体的に
皮膚が下に引っ張られて垂れ下がったような状態になります。
このような状態が長く続けば、顔のたるみにつながることは明らかです。

また、スマホを触ったり見たりしている間は、顔の筋肉が
動いていないので、顔の筋肉が凝り固まり、肌の弾力や
ツヤが失われる原因となります。正しい姿勢

さらに、目にも負担がかかるので、目元を乾燥させ、
たるみを引き起こします。

ですので、対策としては、スマホを使っている時に、
時々自分の体に意識を向けることです。

姿勢が悪くなっていないか、顔が凝り固まっていないかなどを
チェックすることで、顔のたるみにつながる要因を改善することができます。

また、オイルやクリームを塗り顔をマッサージすると、
すでにたるんでしまった肌にも効果があるでしょう。