カテゴリー: 美容

顔のたるみの治療に効果的な塗り薬

顔のたるみ治療に塗り薬を用いる場合、有効成分がしっかりと
含まれているか確認する必要があります。

コラーゲンに影響を与える成分は顔のたるみを取り除き
治療するときには重要で、コエンザイムQ10やビタミンC誘導体が
コラーゲンの保護に役立ちます。

塗り薬

肌を支えている真皮層の多くはコラーゲンが占めていて、
失われてしまうと大きな影響がでてきます。

コラーゲンとともに真皮層で重要な役割を果たしているのがエラスチンで、
肌の弾力の一端をになっている成分です。

コラーゲンの繊維間にある物質で、エラスチンの生成を促す成分は
エルゴチオネインやピクノジェノールとなっています。たるみ治療にもいろいろあります。

真皮層はヒアルロン酸も重要な働きをしていて、コラーゲンやエラスチンのサポート的な
役割がある成分で、ヒアルフィクスやCyPAが生成を促進させます。

皮膚科で処方される塗り薬にはヘパリン類似物質が含まれているものがあって、
顔のたるみ治療よりも皮脂欠乏症やケロイド、血行障害に基づく疼痛と
炎症性疾患等皮膚の様々な疾患に対して用いられているものですが、
高い保湿作用や血行促進作用、抗炎症作用があることから顔のたるみ治療にも
有効性があります。

肌のターンオーバーを正常に近づけ、角質層が潤うことなどが重要で
アンチエイジングに有効性があります。

処方箋をもらわないと買えないため、乾燥肌などを理由に皮膚科を受診して
ヘパリン類似物質が含まれている塗り薬を使いたいと相談するか、
ネットで処方箋が必要ない海外医薬品を購入して用いる方法もありますが、
海外製品は使用に慎重になる必要性があります。

こういった薬を試してみても効果がみられない場合は、
優良な皮膚科に相談しにいくのがベストです。

個人個人に合った解消法がありますので、専門の医師に
見立ててもらうことで、顔のたるみの解消の近道が見つかります。

優秀な専門医

悩むことに時間をかけず、まずは行動してみると良いでしょう。

再生美容のメリットについて

「再生美容」を用いたたるみ治療では、糸などの人工物や
薬品などの刺激物は一切使用せず、レーザーによって
熱を与えることもありません。

自身の身体から抽出した細胞が本来もつ自然な回復力を
促す方法であるため、仕上がりも違和感がなく自然になります。

自然な美しさ

治療自体は注射による注入のみで、切ったり熱を加えたりすることがないため
美容整形やレーザーのように失敗するリスクはほとんどありません。

また、数か月かけてゆっくりと肌を再生していくため
顔のたるみが改善された後でも長くその効果が続いてゆきます。

改善までに時間はかかりますが、確実に効果はみえてきます。
また、顔のたるみ以外にも、肌のきめが細かくなる、
肌のトーンが明るくなる、潤うなど総合的な効果が期待できます。

採取した細胞は冷凍保存することができるため、たるみ治療以外にも
気になる症状や箇所があれば、自分のすきなタイミングで注入してもらうことが出来ます。

数十年と長いスパンでみた治療ができるため、安心感があります。

また、細胞の採取には年齢制限がないため、何歳になっても
チャレンジすることが出来ます。

肌の老化現象は、細胞の質ではなく数の減少によって
引き起こされるため、年齢による効果の差はあまりありません。

再生美容のデメリットについて

顔のたるみを改善するには、肌の3大栄養素であるコラーゲン、
ヒアルロン酸、エラスチンを増やし、ハリや弾力などの機能を
改善する必要があります。

肌本来の機能を利用した治療方法であるため、たるみ治療の効果を
実感するまでには3ヶ月ほどの時間がかかります。

レーザーや美容整形のように即効性がないため、
失敗したと感じることがあるかもしれません。

また、細胞の移植には注射器を用いるため、
2-3日程度のダウンタイムがあります。

注射器を使う

日常生活に支障が出るほどではなく、化粧で隠れる程度では
ありますが、赤みや内出血、むくみなどが多少生じます。

自己細胞注入はあくまでも「治療」であるため、半年に1度の定期健診が必要です。

一般的に治療の効果は2-3年であるといわれているため、
維持するためにはあらかじめ冷凍保存しておいた細胞を
数年おきに再注入する必要があります。

さらに、この治療は保険適用外ですのですべて自費負担となります。

検査料や細胞の抽出や注入はもちろんのこと、細胞の保存にも費用がかかります。

細胞は非常にデリケートであり、24時間稼働の無菌室で
慎重に保管されております。決して安価な治療法ではありません。

顔のたるみってどうして起こるの?

顔のたるみってどうして起こるのかというと、その一つには
お肌の弾力が低下しているサインでもあります。弾力の低下

お肌は真皮層の成分によって、若々しいハリや弾力を維持しています。
真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が
存在しますが、こうした構造を十分に満たしていなければ、
顔のたるみは出てきます。

年齢を重ねることで、真皮層のエラスチンやコラーゲンは
減少して、肌にはハリも潤いもなくなっていきますから、
たるみは出来やすくなります。

日常的に紫外線は浴びやすいですが、この紫外線も
大きな肌ダメージになります。年齢を重ねる

真皮層にまでUVAなどは届きますから、紫外線に対しては
日頃からの対策が必要となります。

繊維芽細胞にダメージを与えてしまいますから、
ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの生成を
邪魔することになります。

分解させるための酵素がたくさん分泌されることになるため、
お肌の弾力もだんだんと失われていくことになります。

顔のたるみを加速させる悪因は…いますぐ辞めるべき習慣ランキング

顔のたるみの原因は様々ありますが、日常生活での
何気ない習慣も悪因となっています。

症状を進行させないためにも、悪因となる習慣を改善するようにしましょう。悪習慣

まず、何気なくやってしまいがちな、頬杖をつくという行動は、
顔のたるみを加速させる原因になります。

顎や頬の部分に、手の平で強く圧迫させた状態になりますので、
皮膚へ負担がかかります。

手の平がついた部分の皮膚が伸ばされるようになり、
たるみの症状が強くあらわれる恐れがあります。

食事をするときに、片側ばかりで噛む習慣を続けていると、
口の周囲に歪みが生じ、それとともにたるみの症状があらわれます。

口の近くにあるほうれい線にも悪影響を及ぼしますので、
顔のたるみに加えてほうれい線がくっきりとあらわれ、
老け顔を作り出す結果になります。

横向きの状態で長く寝ることも、下になった頬の部分に
頭の重さによる負荷がかかりますので、改善するようにしましょう。質の良い睡眠

シワが寄ったり、骨格の歪みから、たるみのきっかけを作り出します。

10代、20代なのに顔のたるみが…原因は一体何?

10代、20代と言えば肌がつやつやとし、ハリも十分にある年代です。
アンチエイジングという言葉とは無縁に思われる世代ですが、
顔のたるみが気になる人が増えているようです。

実際、10代、20代の顔のたるみは老化が原因ではなく、
「スマホたるみ」という言葉があるように、スマホが原因です。

スマホを使っている時、どんな姿勢になっているか
意識したことがあるでしょうか。スマホたるみ

多くの人はスマホを使用している時は、首が前に傾き、
座っている場合は背中も丸くなっています。

首が前に傾くと、顔の下の部分に負担がかかり、全体的に
皮膚が下に引っ張られて垂れ下がったような状態になります。
このような状態が長く続けば、顔のたるみにつながることは明らかです。

また、スマホを触ったり見たりしている間は、顔の筋肉が
動いていないので、顔の筋肉が凝り固まり、肌の弾力や
ツヤが失われる原因となります。正しい姿勢

さらに、目にも負担がかかるので、目元を乾燥させ、
たるみを引き起こします。

ですので、対策としては、スマホを使っている時に、
時々自分の体に意識を向けることです。

姿勢が悪くなっていないか、顔が凝り固まっていないかなどを
チェックすることで、顔のたるみにつながる要因を改善することができます。

また、オイルやクリームを塗り顔をマッサージすると、
すでにたるんでしまった肌にも効果があるでしょう。