カテゴリー: 皮膚科

顔のたるみの治療に効果的な塗り薬

顔のたるみ治療に塗り薬を用いる場合、有効成分がしっかりと
含まれているか確認する必要があります。

コラーゲンに影響を与える成分は顔のたるみを取り除き
治療するときには重要で、コエンザイムQ10やビタミンC誘導体が
コラーゲンの保護に役立ちます。

塗り薬

肌を支えている真皮層の多くはコラーゲンが占めていて、
失われてしまうと大きな影響がでてきます。

コラーゲンとともに真皮層で重要な役割を果たしているのがエラスチンで、
肌の弾力の一端をになっている成分です。

コラーゲンの繊維間にある物質で、エラスチンの生成を促す成分は
エルゴチオネインやピクノジェノールとなっています。たるみ治療にもいろいろあります。

真皮層はヒアルロン酸も重要な働きをしていて、コラーゲンやエラスチンのサポート的な
役割がある成分で、ヒアルフィクスやCyPAが生成を促進させます。

皮膚科で処方される塗り薬にはヘパリン類似物質が含まれているものがあって、
顔のたるみ治療よりも皮脂欠乏症やケロイド、血行障害に基づく疼痛と
炎症性疾患等皮膚の様々な疾患に対して用いられているものですが、
高い保湿作用や血行促進作用、抗炎症作用があることから顔のたるみ治療にも
有効性があります。

肌のターンオーバーを正常に近づけ、角質層が潤うことなどが重要で
アンチエイジングに有効性があります。

処方箋をもらわないと買えないため、乾燥肌などを理由に皮膚科を受診して
ヘパリン類似物質が含まれている塗り薬を使いたいと相談するか、
ネットで処方箋が必要ない海外医薬品を購入して用いる方法もありますが、
海外製品は使用に慎重になる必要性があります。

こういった薬を試してみても効果がみられない場合は、
優良な皮膚科に相談しにいくのがベストです。

個人個人に合った解消法がありますので、専門の医師に
見立ててもらうことで、顔のたるみの解消の近道が見つかります。

優秀な専門医

悩むことに時間をかけず、まずは行動してみると良いでしょう。

再生美容のメリットについて

「再生美容」を用いたたるみ治療では、糸などの人工物や
薬品などの刺激物は一切使用せず、レーザーによって
熱を与えることもありません。

自身の身体から抽出した細胞が本来もつ自然な回復力を
促す方法であるため、仕上がりも違和感がなく自然になります。

自然な美しさ

治療自体は注射による注入のみで、切ったり熱を加えたりすることがないため
美容整形やレーザーのように失敗するリスクはほとんどありません。

また、数か月かけてゆっくりと肌を再生していくため
顔のたるみが改善された後でも長くその効果が続いてゆきます。

改善までに時間はかかりますが、確実に効果はみえてきます。
また、顔のたるみ以外にも、肌のきめが細かくなる、
肌のトーンが明るくなる、潤うなど総合的な効果が期待できます。

採取した細胞は冷凍保存することができるため、たるみ治療以外にも
気になる症状や箇所があれば、自分のすきなタイミングで注入してもらうことが出来ます。

数十年と長いスパンでみた治療ができるため、安心感があります。

また、細胞の採取には年齢制限がないため、何歳になっても
チャレンジすることが出来ます。

肌の老化現象は、細胞の質ではなく数の減少によって
引き起こされるため、年齢による効果の差はあまりありません。

再生美容のデメリットについて

顔のたるみを改善するには、肌の3大栄養素であるコラーゲン、
ヒアルロン酸、エラスチンを増やし、ハリや弾力などの機能を
改善する必要があります。

肌本来の機能を利用した治療方法であるため、たるみ治療の効果を
実感するまでには3ヶ月ほどの時間がかかります。

レーザーや美容整形のように即効性がないため、
失敗したと感じることがあるかもしれません。

また、細胞の移植には注射器を用いるため、
2-3日程度のダウンタイムがあります。

注射器を使う

日常生活に支障が出るほどではなく、化粧で隠れる程度では
ありますが、赤みや内出血、むくみなどが多少生じます。

自己細胞注入はあくまでも「治療」であるため、半年に1度の定期健診が必要です。

一般的に治療の効果は2-3年であるといわれているため、
維持するためにはあらかじめ冷凍保存しておいた細胞を
数年おきに再注入する必要があります。

さらに、この治療は保険適用外ですのですべて自費負担となります。

検査料や細胞の抽出や注入はもちろんのこと、細胞の保存にも費用がかかります。

細胞は非常にデリケートであり、24時間稼働の無菌室で
慎重に保管されております。決して安価な治療法ではありません。

遺伝が原因でも美容皮膚科のたるみ治療は効果がある?

毎日丁寧にお肌のたるみケアをしているのに
いまいち効果が現れない、同世代なのに自分のほうが
顔のたるみが目立つのはなぜだろうと思う人もいるでしょう。

女性なら、顔のたるみはとても気になることです。
なので、その原因を知りたいと思うのは当然です。

顔のたるみが明らかに他の人より早いと感じている人は、
実は親からの遺伝が関係しているということもあります。

このような場合、どうしようもないと思われがちですが、
美容皮膚科ではたるみ治療というものを行っています。

なので、根本的に治すことは不可能でも、この治療で少しでも
肌のたるみを改善したりすることは十分可能です。

たるみ治療と聞くと、麻酔をかけて行う外科的な手術を想像して
怖いと思う人もいるでしょう。

しかし、美容皮膚科は一般の皮膚科と同じぐらいの
イメージをもてば大丈夫です。顔のたるみの原因は、加齢や、紫外線、乾燥が主な原因

メスを一切使わない多くの方法があるので
安心して治療を受けられます。

まず、美容皮膚科を訪れた際に、遺伝の要素があるかもしれない
ということを伝えるとよいでしょう。

それによって、問診や検査の内容が変わってくるので、
ここは正直に答えておくことです。

顔のたるみ治療でよく行われるものは、「レーザー治療」と
「ラジオ波治療」です。

レーザー治療は、治療に必要なだけのレーザーをたるみ部分に
照射して、コラーゲンを増殖させ、皮膚の細胞を活性化させます。美容皮膚科へ相談

ラジオ波治療は、レーザーより強い熱エネルギーを照射して
真皮に作用させ、コラーゲンを増殖させます。

このように、美容皮膚科で受けるたるみ治療は
顔のたるみに十分効果があります。

遺伝だからとあきらめずに、まずは美容皮膚科を
訪れてみることです。