タグ: 再生美容

再生美容のメリットについて

「再生美容」を用いたたるみ治療では、糸などの人工物や
薬品などの刺激物は一切使用せず、レーザーによって
熱を与えることもありません。

自身の身体から抽出した細胞が本来もつ自然な回復力を
促す方法であるため、仕上がりも違和感がなく自然になります。

自然な美しさ

治療自体は注射による注入のみで、切ったり熱を加えたりすることがないため
美容整形やレーザーのように失敗するリスクはほとんどありません。

また、数か月かけてゆっくりと肌を再生していくため
顔のたるみが改善された後でも長くその効果が続いてゆきます。

改善までに時間はかかりますが、確実に効果はみえてきます。
また、顔のたるみ以外にも、肌のきめが細かくなる、
肌のトーンが明るくなる、潤うなど総合的な効果が期待できます。

採取した細胞は冷凍保存することができるため、たるみ治療以外にも
気になる症状や箇所があれば、自分のすきなタイミングで注入してもらうことが出来ます。

数十年と長いスパンでみた治療ができるため、安心感があります。

また、細胞の採取には年齢制限がないため、何歳になっても
チャレンジすることが出来ます。

肌の老化現象は、細胞の質ではなく数の減少によって
引き起こされるため、年齢による効果の差はあまりありません。

再生美容のデメリットについて

顔のたるみを改善するには、肌の3大栄養素であるコラーゲン、
ヒアルロン酸、エラスチンを増やし、ハリや弾力などの機能を
改善する必要があります。

肌本来の機能を利用した治療方法であるため、たるみ治療の効果を
実感するまでには3ヶ月ほどの時間がかかります。

レーザーや美容整形のように即効性がないため、
失敗したと感じることがあるかもしれません。

また、細胞の移植には注射器を用いるため、
2-3日程度のダウンタイムがあります。

注射器を使う

日常生活に支障が出るほどではなく、化粧で隠れる程度では
ありますが、赤みや内出血、むくみなどが多少生じます。

自己細胞注入はあくまでも「治療」であるため、半年に1度の定期健診が必要です。

一般的に治療の効果は2-3年であるといわれているため、
維持するためにはあらかじめ冷凍保存しておいた細胞を
数年おきに再注入する必要があります。

さらに、この治療は保険適用外ですのですべて自費負担となります。

検査料や細胞の抽出や注入はもちろんのこと、細胞の保存にも費用がかかります。

細胞は非常にデリケートであり、24時間稼働の無菌室で
慎重に保管されております。決して安価な治療法ではありません。